FC2ブログ

みくに文具 絶版プラモ満載!

気ままに絶版プラモを紹介していきます

TOP >  ゴジラシリーズのプラモ >  マルサン ゴジラシリーズ >  マルザンの大ゴジラ情報~

マルザンの大ゴジラ情報~

某オークション出品のネロンガの時はスルーしていましたが、今回、私にとっては神のような存在のマルザン「大ゴジラ」ということで、情報流しておきます。

大ゴジラ、通称パパゴジラのオリジナルパッケージは血祭氏の「究極プラモデル大全」で紹介されています。 
この画像には、トッラップがありまして、
大ゴジラ箱
書籍で紹介されている側面画像は、実は、下側面ではなく、横の情報なんです。 
出品の物は、この「究極プラモデル大全」の物をスキャン拡大して、加工して作られているので、下側面としています。
トラップに、まんまと引っ掛かったということです。
さらに、出品物は他側面も想像で作られていますので、オリジナルとはまったくデザインが違います。
正面デザインも「究極プラモデル大全」紹介個体では、消えてしまっている文字情報も、再現できないでいます。

コピー箱サイズも46.5×29×6.5センチと紹介されてますが、書籍紹介画像のゆがみそのままなので、縦横高比も違い、オリジナルはさらに各5~10センチも大きいものです。まさに、箱も最高峰の神々しい巨体となっています。コピー箱を作る際に、きっと、TOY版のジャイアントゴリラ箱を参考にしたんでしょう。

ギヤボックスも特殊です。普通のマルサン電動怪獣よりも相当大きなギヤボックスとなっています。
ギヤボックス
上画像はフライデーの物ですが、これと同じ型で製作されています。
大ゴジラの場合は、音声ギミックを備えているため、ギヤボックスの上に、さらに厚紙製の箱が付きます。

大ゴジラに関して、知ってる情報です。
ご参考にしていただければ幸いです(ペコリ)


因みに、ネロンガや大ゴジラは「過去に模型研究家の方々で研究考証 して、極めて少数制作された逸品です。。。。。」なんてものは聞いたことがありません。 俗に言われている「研究家が、、、」作品には、上箱裏面に「非売品 愛好家・・・」の文章印が押されていますので、こちらの情報もご参考に。




絶版プラモデル、お宝プラモデル、マルサン電動怪獣
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 コレクションブログへにほんブログ村 コレクションブログ おもちゃ・玩具へにほんブログ村 コレクションブログ プラモデルへ



スポンサーサイト



Last Modified : 2020-03-21

No Subject * by T2
うんうん!

No Subject * by Dai
(>、<)です。

管理人のみ閲覧できます * by -

Re: No Subject * by Dai
内緒様。
そうですね。過去の出品物みると、発送地域違いますし(><;)

Comment-close▲

Comment







管理者にだけ表示を許可

No Subject

うんうん!
2020-03-21-22:31 * T2 [ 編集 * 投稿 ]

No Subject

(>、<)です。
2020-03-21-22:55 * Dai [ 編集 * 投稿 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
2020-03-24-07:02 * - [ 編集 * 投稿 ]

Dai Re: No Subject

内緒様。
そうですね。過去の出品物みると、発送地域違いますし(><;)
2020-03-24-20:40 * Dai [ 編集 * 投稿 ]