FC2ブログ

みくに文具 絶版プラモ満載!

気ままに絶版プラモを紹介していきます

TOP >  アオシマ(青島文化社) >  電人ザボーガー プラモ >  とうとう完成! 電人ザボーガーパッケージ画!!

とうとう完成! 電人ザボーガーパッケージ画!!

箱1
とうとう完成です!
え? プラモデルを作っちゃったのかと? いえいえ、箱絵の完成です(^^!)

某ツイッターでは先に触れていたのですが、原画を入手してからブログでは報告と思ってましたが、まずは第一弾報告しておきます。

詳しい全貌は→コチラ
サイト先

そうなんですよ。
大好きなアオシマの「電人ザボーガー」の原画、帰ってきたら「超お願い!!」して、みくに文具で管理させていただこうと思っていたんですが、いまだ返却されないってことで、パッケージと同じものを
描いて描いて~~。たまにはザボーガー描くとファンも喜ぶよ~~~~」と、お願いしてたんです(^^;) 因みに、原画はアオシマ本社じゃなくて、某所にあるようです。

で、この度、やっと描いていただけました~~~!
46年ぶりの上田信の「電人ザボーガー」です。
だいたい2日と書いてありましたが、「ほんとは2日もかかってないんだよね~」と言ってました。
ダメ出し入れて2日ですね(笑)

叔父から送られてきた第一弾の画像にザボーガー感が薄かったので、下記のような指示をだしました。
で、ネットで画像を集めて送った方が早いということで、ザボーガー資料も一緒に送信。
送る資料
やはり、良い絵を描いてもらうには、「資料」が肝心なんだなと改めて思いました。
最初は箱絵のコピーしか渡していませんでした。

で、第一弾画の「なんとなく電人ザボーガーじゃない感」って、いわゆる金型再利用の転生ロボット達に感じるものと同じじゃないかと気が付きました。
「●●じゃない感」って、作者の「作風」ではなく、現物(オリジナル)を参考にせず、いったんイラストという記号化されたものを参考に生み出された副産物だったんじゃないかと。これが、転生物につきものの「じゃない感」の正体じゃないかと。
ま、一つの説として、提言しておきます。

叔父の上田信は、アオシマのミニ合体のパッケージも描いていますので、本邦初公開?の原画を紹介しておきます。アストロン、ドライガー、バイオス、ブリザーダー、ヒリュウ、ヤマトなんかもそうです。
アストロ
だいたい、背景が爆発してたら、それは叔父の作品です(笑)


ではでは、今月中になんとか原画をGETしてきたいと思います。
手に入りましたら、再度、ブログで報告いたします(^^)

実は、あと2枚頼んであるんですよ。ザボーガーシリーズじゃないです(ニヤリ)

最近は、描くのは戦車ばかりのようですので、「こんな画のお仕事、お待ちしておりま~す」
叔父の心の声を勝手に代弁(^^)




絶版プラモデル、お宝プラモデル、青島、アオシマ、ミニ合体、合体マシン
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 コレクションブログへにほんブログ村 コレクションブログ おもちゃ・玩具へにほんブログ村 コレクションブログ プラモデルへ



スポンサーサイト



Last Modified : 2020-06-01

No Subject * by pazulumo
新作ザボーガーは上田画伯のHPで拝見していました。
2日かからないって、やはりプロの凄さを感じます。
デジタルでなく紙なのに、簡単に修正できてしまうというのも技術力ですよね。

ミニ合体のご担当が色換え再版ロボ中心というのも貴重な情報です!
「背景が爆発していたら」というのはなるほどの着眼点ですね(^^

No Subject * by Dai
依頼側の要望で画風とか合わせることがあるので、作者特定は難しいかもです。
私も知らないものもあるのですが、少しずつ、作品を紹介して、認知度広められればと思ってます。

いったん塗ったアナログ作品を、どうやって修正してるの不思議ですよね。修正箇所に、どば~と水かけてたような記憶もあったりなかったり。。。。(^^;)
聞いてみます。

* by stupid6
叔父様とはいえ上田先生にダメ出ししてしまう みくに文具さんの こだわりが スゴいです( ^-^)

No Subject * by Dai
描いてもらうなら、やはり良いものをと(^^)

じゃない感 * by まぐまつくる
70年代に入ってからの小松崎さんのTBやその他の再販絵も、資料をじゃなくて自身が書かれた初版絵を見て逆版にしたりのアレンジで描かれていたので、初版ほどググッと来ないまさにじゃない感を感じてしまうのかもしれません(個人的見解です(^^;))

No Subject * by Dai
左右反転再利用のパッケージも、感覚的に訴える力が落ちてるんでしょうね。同感です。

Comment-close▲

Comment







管理者にだけ表示を許可

No Subject

新作ザボーガーは上田画伯のHPで拝見していました。
2日かからないって、やはりプロの凄さを感じます。
デジタルでなく紙なのに、簡単に修正できてしまうというのも技術力ですよね。

ミニ合体のご担当が色換え再版ロボ中心というのも貴重な情報です!
「背景が爆発していたら」というのはなるほどの着眼点ですね(^^
2020-06-03-11:35 * pazulumo [ 編集 * 投稿 ]

Dai No Subject

依頼側の要望で画風とか合わせることがあるので、作者特定は難しいかもです。
私も知らないものもあるのですが、少しずつ、作品を紹介して、認知度広められればと思ってます。

いったん塗ったアナログ作品を、どうやって修正してるの不思議ですよね。修正箇所に、どば~と水かけてたような記憶もあったりなかったり。。。。(^^;)
聞いてみます。
2020-06-03-19:46 * Dai [ 編集 * 投稿 ]

叔父様とはいえ上田先生にダメ出ししてしまう みくに文具さんの こだわりが スゴいです( ^-^)
2020-06-09-12:34 * stupid6 [ 編集 * 投稿 ]

No Subject

描いてもらうなら、やはり良いものをと(^^)
2020-06-09-22:07 * Dai [ 編集 * 投稿 ]

じゃない感

70年代に入ってからの小松崎さんのTBやその他の再販絵も、資料をじゃなくて自身が書かれた初版絵を見て逆版にしたりのアレンジで描かれていたので、初版ほどググッと来ないまさにじゃない感を感じてしまうのかもしれません(個人的見解です(^^;))
2020-06-20-16:23 * まぐまつくる [ 編集 * 投稿 ]

Dai No Subject

左右反転再利用のパッケージも、感覚的に訴える力が落ちてるんでしょうね。同感です。
2020-06-20-23:40 * Dai [ 編集 * 投稿 ]