FC2ブログ

みくに文具 絶版プラモ満載!

気ままに絶版プラモを紹介していきます

TOP >  マニア書籍/情報紹介 >  昭和40年男 「第11回  仮面ライダー」補足情報

昭和40年男 「第11回  仮面ライダー」補足情報

絶版プラモデル情報局でも紹介しましたが、こちらでもちょいプラス情報して載せておきま~す(^^)
現在、第12回の原稿執筆真っ最中であります(><;ひ~~)

発売中の「昭和40年男」で連載している
プラモ棚「第11回  バンダイの仮面ライダー サイクロン号」の補足情報です。
ライダー補足タイトル640
全国の書店、コンビニに並んでいると思いますので、ぜひ、お手に取りください。
誌面で紹介しきれなかった「補足情報」、お手元の40年男と比較しながらお楽しみ下さい。

「仮面ライダー」補足情報!
まずは紹介した「仮面ライダー」箱表記違い4種の詳細から。
(1)ST表記なし。品番5276-500
(2)ST表記あり。ST番号はT1316。品番5276-500
(3)ST表記あり。ST番号はT1317815。品番5276-500
(4)ST表記あり。ST番号はT1317815。品番8622-500
の4種が現在までに確認されています。 (1)~(4)で発売順となっています。
画像が小さく見えずらいですが、誌面で並べているのは(1)と(2)の側面となっています。

●手元にある資料で一番古そうな感じのチラシです。いろいろ当初の計画が見え隠れしています。
ただの現場ミスだけかもしれませんけど(^^;)
ライダーチラシ
●仮面ライダーサイクロン号が予定500円となっていますが、上から修正シールが貼られているようなのでその下にミス?当初価格?が隠れていると思われます。シールなしのチラシは今のところ確認できていません。
●こうもり男、かまきり男がゼンマイ動力になってます。その後、この部分はマジックで消された状態でチラシが配られています。
●サラセニアンが発売予定に入っています。試作ぐらいは作られたような気もしますが、確認できていません。


箱違いといえば、「チビッコ名刺」キャンペーンシールが貼られているものもあります。貼られているものは(3)のタイプです。
ライダー名刺640これも箱違いとみれば、箱表記違いは5種類となります。

本文文字数の都合で触れられませんでしたが、ディスプレイモデルの人気の一つに、マフラーが風になびく表現方法の素晴らしさがあると思います。これは、今井科学から受け継いだ、キャラクタープラモデル的表現です。
イマイマフラーなびく640※1964年、67年の今井科学カタログより
影丸のマフラーや遊星仮面のマントの表現にみられます。今井科学倒産後、スタッフがバンダイに移籍し、設立の重要なポジションについています。

●新 仮面ライダー
本文にて紹介した後期発売の「スカイターボ付き」タイトル版です。雑誌画像と比較してみてください。
スカイターボ付き640

スカイライダーのパッケージは、2作家の共作と紹介しましたが、過去にも共作されたパッケージがあります。サンダーバード秘密基地です。なんと小松崎茂氏と髙荷 義之氏の共作物です。
ライダーTB秘密基地640
メインビジュアルは小松崎茂氏。右のキャラクターが髙荷 義之氏の作画となっています。
構成デザイン的にも、スカイライダーに通じるものがありますので、当時のスカイライダーパッケージデザイン担当は内田嘉正氏だったとのことなので、今井科学出身の内田氏には、リスペクト企画物的な思いがあったのかもしれません。

●上田信氏が描いた仮面ライダー
誌面では画像を紹介できませんでしたカルビー仮面ライダースナックのアルバムです。
ライダーアルバム640
他の上田信氏画の有名どころを紹介。中央社のパネルとマルヨシの化粧紙。他ではカンロキャンディーの缶など。
ライダーパネル640

上田信氏が数年前に当時のパネル画風に描いた仮面ライダーです。背景怪人は少し変えたそうです。
ライダーパネル新画640

バンダイでは、同時期発売の100円の「スカイライダー」や次作の「仮面ライダー スーパー1」のパッケージも上田信氏が描いています。
スーパー1他


ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 コレクションブログへにほんブログ村 コレクションブログ おもちゃ・玩具へにほんブログ村 コレクションブログ プラモデルへ



スポンサーサイト



Last Modified : 2020-10-18

Comment







管理者にだけ表示を許可